姫活2017.10.15

東京に憧れる?上京したい女子に知ってほしい東京女子の真実

  • facebook
  • twitter
  • line
  • google


東京23区出身……。
この響きが、輝いて聞こえるのだろうか。
かつて流行したアニメ映画「君の名は。」の作中でも、ヒロインが憧れていた東京という街。

今回は東京に様々な幻想を抱いている?上京前の女子に一度聴いていただきたい東京出身者の現実をお伝えして行きたいと思います。



●東京出身あるある●

・スタバに行かない。
→出向いた先にそれしかなければ入る程度。入っても基本的に高カロリーなフラペチーノは頼まない。アイスコーヒー安定。ちなみに、普段飲むのはコンビニのコーヒー。

・スタバでMacについて別になんとも思わない。
→かっこいいとも、カッコつけているとも、イヤなやつとも、なんとも思わない。
 普通に仕事してるだけでしょう。

・新宿や渋谷、原宿などで迷う。
→一つの区が意外と広いので、同じ区の出身者でもテリトリー以外は普通に迷う。
 別の区の出身者は、その区を含む周辺2、3区の限られた範囲で事足りるので、やはり迷う。

・幼少期に外で遊ばせてもらえたことがあまりない。
→とにかく遊ぶ場所がない。小学校は放課後、学童になり、利用者以外は入れない。公園は浮浪者が寝泊まりしていて、管理された公園は球技など主要な遊びができないばかりか、アスレチックすらほとんどない。なのでスーパーマーケットやショッピングモール、大通りで鬼ごっこをしてみるが、めちゃめちゃ怒られる。

・見た目に無頓着。
→お金持ちを除いて、オシャレなのは23区外の人や、埼玉、千葉、横浜あたりの人ではないでしょうか。人がませてビジュアルを意識し始めるきっかけの一つに、都会の人にバカにされないようにというのがあるようですが、その機会がないのも原因かもしれないです。

・流行に鈍い。
→興味がない。

・街中にゴキブリが多いので、室内に出現しなければシカトする。
→気持ち悪いとは思いますが、都心であればあるほどたくさんいるので。あなたの憧れの街にも。

・汚い臭いに慣れている。
→臭いと思ってもノーリアクション。いろんな人がいるし、いろんなものが落ちてますからね。

・街で芸能人を見ても反応しない。
→そりゃあ浮き足立ちますが、相手のことを考えて声をかけたり、握手やサインを求めたりしません。ちなみに、テレビやドラマのロケ現場に遭遇してもチラ見して通り過ぎます。野次馬はしません。

・「地元でしょ?この辺に美味しいお店知らない?」
→知らない…。テリトリーでお店に行くくらいならコンビニやスーパーで買って家で食べる。



●東京出身が言われたら複雑な気持ちになること●

・え?実家車持ってなかったの!?
→車持っているのはお金に余裕がある&生活面で必要な家庭だけ。使う必要がないという説は半分正解だが、駐車場代もばかにならないことから東京の家庭では決して自家用車は当たり前ではありません。

・メディアに紹介されている場所が近くていいな〜〜!
→だからといって行きません。

・東京で一軒家とか金持ちじゃん!
→お金持ちの大きなお屋敷ともなればそうですが、都会の家は土地が小さく、日照権など様々な法によって思ったより狭くて変な形の家が多いです。そう、友達を呼べないほど。なので基本的に高級マンション暮らしに憧れています。

・うわー、エセ〇〇弁じゃん。
→ネットやテレビの影響で自然と使ってしまうのですが、やはり外国語と同じでイントネーションがままなりません。決して馬鹿にしているわけではないのです。「なんでやねん」と「せやで」、「〜やな」、「〜だべ」、「〜やけ(やけん、じゃけん)」は特に怒られがち。




●最後に●

「え、東京出身だよね?」という言葉になんて返したらいいかわからないこの感じ。だって知らないのですから。危ないからと教育されて通学路しか歩かない幼少期。テリトリーから出ない暮らし方はそう簡単に変わらないのです。駅、街、美味しいお店、楽しい遊び場、聞かれても何も答えられないかもしれません。だけど、一緒に調べて探索しましょう。そして一緒に東京に詳しくなりましょう。だって知らないのですから!

TOP

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。