美容2017.04.18

ダイエットする前に読んでほしい!残したいところは残す!美しく痩せる方法!

  • facebook
  • twitter
  • line
  • google


お腹や足についている肉をどうにかしたいのに、減らしたいどころか、むしろ増やしたい胸から減ってしまう現象がダイエットにはつきもの。。。そんな悔しい思いはもうイヤ!ダイエット前にぜひお読みください。

 

 

なんでダイエットすると胸からやせるの?


まずは脂肪燃焼の鉄則"やわらかい脂肪は固い脂肪より燃焼しやすい"これです。胸のほとんどは脂肪。お分かりのとおり、やわらかいのです。さらに、心臓に近いことによって比較的体温が高い部位。お尻を触ってみるとその違いがわかるはず。よって胸は燃焼されやすい条件が揃ってしまっているのです。







胸が揺れる運動は避ける!


脂肪でできていてやわらかい胸は、揺れ動くことでも燃焼され、さらに他のところに流れてしうこともあります。なので縄跳びやジョギングは要注意。

また、そもそも揺らすことによって胸にある"クーパー靱帯"を伸ばしてしまうことにもつながります。この靱帯は胸の形を支えている大切なもの。しかも一度伸びてしまうともどらなくなってしまうのです。運動するときはできるだけ揺れないように固定すること。可能であれば、ヨガなどの運動を中心にする方がよいかもしれません。




大胸筋を鍛える!


胸を支えている土台になる筋肉である大胸筋。美しい形を保つためには必要不可欠です。この筋肉が発達していると、バストアップにつながり、きれいな形をつくることもできます。大胸筋を鍛えるためには、手のひらを合わせて拝むポーズで両手を押し合う、というトレーニング。ぜひダイエット中も行ってみてください。





栄養はしっかりとる!


ダイエットとなると食事制限となりがちですが、それも要注意。特にお肉や炭水化物を抜く人が多いですが、そうすることでたんぱく質が不足してしまいます。たんぱく質は、筋肉や肌、ホルモンなど、体の組織のもとになる栄養素。これが不足するということは、もちろんバストが減る原因にもなります。無理な食事制限はせず、女性ホルモンに良い大豆食品や脂肪の少ない肉など、たんぱく質をとることを意識しましょう。美しくなるためのダイエット。栄養は美容の味方です。




女性ホルモンを整える!


胸を落とさないようにするために女性ホルモンを減らさないことが大切です。そのために効果的なのは大豆などに多く含まれている栄養素"イソフラボン"。これは女性ホルモンと似た性質を持っています。また、キャベツに多く含まれている"ボロン"という成分は女性ホルモンの分泌を助けるはたらきがあります。もちろん食べ過ぎるのはNGですので、ご注意を。

 



美しさのためにダイエットするからには、素敵なボディラインをもとめたい。そのためには、バストの大きさはキープしたい(本音を言えば増やしたい)。これで、残念な思いをするダイエットとはさようなら!ぜひ理想的なスタイルを目指してください。


TOP

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。